古ビルもまだまだいける

鹿児島の街を歩いていると 「MOTTAINAI」 物件が目に付きます。
ワンガリ・マータイ さんによって、世界的に広まった「MOTTAINAI」。

この言葉には昔からモノを大事にする日本人らしさが詰まっているな、と感じます。

いいもの、いい言葉、いい価値観、は世界共通だったりしますよね。
しかし、世の中にそれらが広がる一方で、
目の前の小さな積み重ねがおろそかになりがちだったりします。
いいものと悪いものは常に背中合わせの場合が多い…

僕たちの仕事で考えてみると、「古ビル」がぱっと浮かんだりします。
もちろんそれだけではないですが、古ビルってすごく悲しい生き方が多い気がします。

希望に満ちて建てられたビルは、時代の流れによる価値観やニーズの変化によって
取り残され、街のお荷物に…

そういう結末ばかりではないですが、そのストーリーは現実問題として影を落としています。

新しい物を作るだけじゃなくて、古い物に「新しさ」を加えることも
これからの時代、大切ではないでしょうか?
そもそも日本人はそういうことが得意なのですから。

そんな彼らは「Renovation」によって、新しい価値が加えられます。

その姿を皆様にも是非、見てもらいたいです。
7/28、29に行った内覧会では、
鹿児島ではなかなか機会のないリノベーション内覧会に
お客様も満足いただけたご様子で、僕もすごくうれしい思いでした。

今週の土日(8/4、5 9:00~17:00)も内覧会をやっております。
お気軽にお立ち寄りください。

場所:中央郵便局前 明石屋3F,4F
時間:9:00~17:00

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

TOPへ