んっ、トマト?

先週、鹿児島市内のお寿司屋さんで、こだわりトマトを生産している方のトマトが今期分は最後だと言うことで、食に関係する方々が集まって「今年のトマト食べ納めの会」(勝手に名称を作ってしまいました!)がありました。

そこで、私も参加させていただきました!!
15名程の方が集まっていました。ほとんどが初対面の方でちょっと緊張気味でご挨拶させていただきましたが、さすが皆さん思いが近い方ばかりだったのでそんな不安はあっという間に消え去り、話しに没頭してしまいましたよ。

でも・・・美味しいお食事は忘れずに味わいながら。
これ見てください。何のにぎりだと思いますか?

今回は、トマトの食べ納めの会でした。
写真撮るのが下手でそのものの綺麗な色がでていませんが・・。
実際はもっと鮮やかな赤色でした。

そうです!!! トマトッ!!!!のにぎりで~す。
一瞬、私もマ・グ・ロ?と思って口にいれてしまい・・・んっ??
びっくりです。やさしい甘さと、とけるようなジューシーさがシソのアクセントと合って、全く違和感なしというより、すごく美味しかったです。

珍しいお寿司を有難うございました。

ご想像のとおり、参加されてた皆さんは思い思いに食に関してお話していたら・・・お寿司屋さんの閉店時間過ぎちゃってました。
お店のご主人ごめんなさい。
でもでも、ご主人も「私も興味があって、いつも時間を忘れてしまうんです。楽しかったです。」と言ってくださいました。

生産者さんのこだわって作ったトマトと、その素材の良さを見極めることの出来る料理人さんがいて、そしてそこに視点を向ける人たちを集めてこの様な機会を作れる方がいる。
鹿児島の良いところ、可能性がまだまだあると感じました。

 

TOPへ