木・竹のカトラリーづくりWORKSHOPのようす。。

日曜日はあいにくのお天気。雨がしとしとと降る中、
「マキノさんの木のカトラリーづくりWORKSHOP」が開催されました。
 

たくさんある木の中から選んで、好きなカトラリーを作ります。
ケヤキ、サクラ、ブラックウォルナット・・・
アイスクリームスプーンにバターナイフにコーヒーメジャースプーン・・・
たくさんあって悩みます。
けど、この悩みってWORKSHOPの楽しさの一つでもあるんですよね。

マキノさんは「てぬか」というお店のオーナーさん。沖縄の方言で、
「手仕事から生まれた美しいもの」を意味するのだそうです。
とても物知りで、「コーヒーのお話」「鹿児島の手仕事事情について」「鹿児島の歴史など」を
教えてもらいながら、カトラリーが徐々に形が出来上がっていきました。

 

木そのものの形から道具を使って出来上がる形。
日常使い出来るものって、日々の生活をイメージしながら製作するから・・
出来上がったら早速使ってみたくなります。

 

TOPへ