今週末「こどもの器と木のスプーン展」開催します。

NuffShopでは4月28日(土)から5月20日(日)まで、田島修次と宮薗なつみの「こどもの器と木のスプーン展」を開催予定です。

子どもの器と木のスプーン展
こどものこころに残る食の風景に、あってほしいと願うもの。
2012年4月29(SUN)-5月20日(SUN)

金峰山の南麓、豊かな自然の中で『矢杖空間舎』を構える田島修次さん。
自然な風合いを生かした“用としての器”を創作しています。
今回は、子供から大人まで楽しめる器に相性のいい、miyazono spoonの木カトラリーがあつまります。
こどもの身体を作っていくための大切な食べ物と時間を、使い心地のよい器に盛りつけましょう。木のスプーンは手になじむ形を追求した、一点ものばかり。木の素材や形もそれぞれ違うので、お気に入りの一本を見つけてください。

※期間中、5月5日(土)田島修次による「鳩笛WORKSHOP」を開催予定です。

田島修次 矢杖空間舎主宰
1958:鹿児島生まれ
1980:鹿児島大学教育学部美術科陶芸専攻卒業
1980:山口県萩市泉流山窯に入門(5年間修行)
1985:金峰町阿多に『麓窯』を開設
1992:第47回 南日本美術展にて最高賞受賞
2002:金峰山南麓に移築『矢杖空間舎』開設
2008:第36回 鹿児島陶芸展にて最高賞受賞

宮薗なつみ miyazono spoon代表
1984:三重県生まれ。鹿児島育ち。
2004:茨城大学生活デザインコース入学、木工と出会う。
2008:茨城大学生活デザインコース卒業後、上京。
2011:スプーンの制作を始める。

GW期間中は、「中津箒展」・「こどもの器展」と2つの展示をしております。鹿児島に帰省される方や、まだNuffに来たことのない方など 是非この機会に遊びにいらしてください〜

 

TOPへ