News&お知らせ

刺し子織


布の補強と保温効果をあげるために工夫し施された東北の人々の知恵と技から生まれた刺し縫いをする技法「刺し子」を織りで表現する「刺し子織」。

4代に渡って織物に携わる家系の大峡健市さんは、1979年に日本民藝館賞を受賞した、日本でたった一人の職人さんです。

織り機で布地を織り進めながら、刺し子も同時に刺し施すという特殊な機械技法の刺し子織りによって文様が施されています。


This entry was posted in TESHIGOTO. Bookmark the permalink.